Home

翔志学園高等部

~もうひとつの学校 「オルタナティブスクール」のもとに~

本校は、様々な理由から全日制高校に通えない子ども達が自分のペースで学べる学校です。本当に学びたいこと・体験したいことを応援し、それぞれの個性を生かしていきます。

通信制高校と連携し、独自のカリキュラムを加え、毎日を楽しみながら個々の目標へと導きます。変化する学びのスタイルへ柔軟に対応し、それぞれが学びのスタイルをデザインできます。また、年間を通じて様々なイベントがあります。東京ディズニーリゾートや研修旅行、ハロウィンパーティやクリスマスパーティに卒業パーティ…。そんなイベントを通して協調性を学んだり、他人を思いやる心を育むことができます。

この学校には、色々な目的を持った生徒が在籍しています。「音楽をとことんやりたい」「バイトと勉強を両立したい」「頑張って大学へ行きたい」「留学したい」…。そんな「やりたい」がここにはたくさんあります。

本校には「やりたい」を実現している生徒がたくさんいます。あなたの「やりたい」は何ですか?その「やりたい」を一緒に実現しませんか?

この学校で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

通信制サポート校とは

通信制高校と連携し学習支援する教育機関で通称「サポート校」と呼ばれます。通信制高校は自学自習を基本にレポートやスクーリングにて高校卒業を目指しますが、学習の停滞や意欲の低下など多くの課題があげられています。サポート校は、こうした通信制高校が持つ課題を独自のカリキュラムや指導で補いながら高校卒業を支援していきます。通学するコースでは、友人や先生との日常的な関わりや校外学習による社会体験を培いながら指導しています。

学校に通うのが難しい、他にもやりたいことがある、自分のペースで進めたい、いろんな「やりたい」に応えます!

学生
学生
学生

選べるコース

普通科コース

自分のペースで学校に通いたい。
熱中していることがあるけれども、高校も卒業したい。

普通科高校の科目を履修し、課題レポートを本学に登校して取組むコースです。ほとんどの授業は午前中にあります。 生徒の希望や体調に合わせて、週2~5日まで登校する日数を選びます。

在宅コース

理由があって学校に通えない。でも自分だけでは不安
スク―リングは川越キャンパスがいい。

病気や諸事情で在宅学習を希望する方の為のコースです。学習サポートを受けながら、自宅で 通信制の課題レポートに取り組みます。 月一回本学へ登校して、スク―リングを受講します。生徒に合わせたプランニングで、高校の卒業に必要な 科目を履修してゆきます。

音楽総合コース

楽器を弾いてみたい、歌うのが好き
勉強もするけど、バンドでステージに立ってみたい。

本学に週5日、または週3日通学して、高校科目のレポート指導と本学独自の音楽授業を受けるコースです。 年数回のライブを目標に、音楽の基礎から楽器演奏の実習を行います。

オプション

進学・留学・声優… その先の進路を見据えた準備をしたい、興味のあることもトコトンやってみたい。


受験指導の経験が豊富な講師陣による受験準備や、セブ島語学留学の支援、提携声優プロダクションでの本格声優レッスンなども受けられます。

Description of image.

メッセージ

生徒からのメッセージ

この学校はとてもいい学校だと思います。勉強は自分のペースでできるし、イベントはたくさんあるので 毎日がとても楽しいです。学校にある楽器が使いやすいので音楽をすることが前よりも好きになりました。
この学校を選んでよかったです。

保護者からのメッセージ

親子共々新しい高校生活に希望と不安を抱え、入学してから早いもので3か月が経ちました。お蔭様で、先生一人一人が、生徒一人一人の 性格を把握し相談やアドバイス等をしてくださるので、とても安心して毎日を過ごしています。
またボイストレーニングや音楽に関しての専門的な授業も多く、音楽関係の仕事に就きたいと思っている我が子にとって、 将来的にも選択の幅があると思っています。また、多種多様な職業経験もあり、川越散策や校外学習も多く 色々な人達とのふれあいが多くなることもとても良いと思っています。今後も意欲的に学んで行ってくれることを願っています。

〈お問い合わせ・お申し込みは下記まで〉
【電話の方は】 049-226-3811
【Eメールの方は】 

学校の様子

学校の様子

学院長あいさつ

どの子にも必ずきらりと光るものがある

多彩なカリキュラムで共にあなたのやりたいことを見つけましょう

複雑多様になっているこの社会で、自分の将来を決めることは難しくなっています。 学校教育も多様になり、高校としても将来性を見極めてどのような道を進んだら良いか迷うところでしょう。 私は本学の学院長をしていますが、もとはといえば音・音楽が大好きな精神科医。 高齢の方々の元気を引き出し、精神病に悩む人たちへ音・音楽を使って語りかけてきました。 また不登校や引きこもりの子供たちに深くかかわり保護者の方々とさまざまな思いを分かち合ってきました。

その経験から言えることは、どの子にも必ずきらりと光るものがあるということです。 磨けば光るのです。本学では、高校教育を指導しながら独自の授業で子供たちの光るものを 見つけるお手伝いをします。これまで学びながらこころの葛藤を感じていた子どもたちの 支えとなる道が本学の入学とともにひらけます。

学園長 吉川武彦

Description of image.

翔志学園高等部  学園長 吉川武彦
 国立精神・神経センター精神保健研究所名誉所長
 中央学院大学院人間福祉研究科長・教授
 清泉女子学院大学・清泉女子学院短期大学学長
 医学博士

お問い合わせ先

川越駅より徒歩7分

連絡先

翔志学園高等部
〒350-0033
埼玉県川越市富士見町11-25
TEL:049-226-3811
FAX:049-226-9011

コンタクト

OfficeTEL:049-226-3811

活動報告